top of page

注目のシェイパーAden Saulの生み出すDEAD KOOKS。クラシカルな雰囲気とハイパフォーマンスを両立するブランドです。

 

このボードをデザインし形にするにあたり、これまでのCJのライディングに全く新しいアプローチをもたらしたいと思いました。さまざまなサイズのNauseaモデルを制作し、いくつかの調整を加えた後に、私はこのボードで何をしたいのかという確かなアイデアを持ちました。GUERREROは新鮮で刺激的なモデルです。

 

Nauseaモデルで使われたロッカーから始めて、フロントエンドに余分なリフトを追加し、きれいで一貫したロッカーカーブを実現し、ノーズでのホールド、前方位置からの安定した高速トリム、後方からの正確なコントロールとドライブを提供出来るようにデザインしました。

 

アウトラインは60年代後半のオーストラリアのフェイバリットボードを彷彿とさせ、イヤー(耳)をフロント側に引っ張って、センターのすぐ後ろにワイデストポイントを持ってきてナイスなヒップを形成しました。ボードのフロント側3分の1にはかなりのコンケーブが有ります。そのコンケーブは狭い幅で、ボードの残りの部分に向かってボードの腹の部分に溶け込んで行っています。レールは、コントロールのための少量のエッジ、足の下のダイレクトな感触、そして少しのセンスを含んでいて、フィンにつながるパネル状のVセクションにつながる60/40レールよりもかなり低くなっています。 9'2"から10'2"までご依頼いただけます。

DEAD KOOKS GUERRERO

¥0価格
消費税込み
    bottom of page